■プロフィール

しすれ

Author:しすれ
新生R.O.H.A.N

Copyright 2011-2012 R.O.H.A.N
by WeMade Online Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

Copyright 2005-2011 R.O.H.A.N
by YNK GAMES Inc.
All Rights Reserved.

■リンク

■最新記事
■Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

■Twitter

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 |
120502

GWを利用してPLUTOというマンガを読みました。
休みくらいどっか行けよってやつですが、これはこれである意味贅沢な休み
…だと自分に言い聞かせつつw



鉄腕アトムを題材にした近未来SFっていうのかなこれ。
人とロボット。
知能と人工知能。
記憶とデータ。

「人間は忘れることができるけど、ロボットは忘れることができない」
みたいな話が所々にありました。
私たちは忘却を短所と捉えますが、ロボット視点だとそうとは限らないようです。



忘れることにはどんな意味があるのかな。
何の意味もない欠点の最たるものだ、というのが大勢?
でも少し考えるとそうとも言いきれない。

「覚える・忘れる」は神経と神経の間をどれだけ情報が伝わるか、を指標としています。
刺激が入って、その結果神経間の情報伝達量が増えると覚えた、とみなすそうです。
じゃあ忘れるときは?
刺激が入らずに伝達量が減ったとき?

とは言い切れないのがオモシロイところ。
伝達量が減る→忘れる、という部分はその通り。
でも忘れる時にも刺激は必要っぽいです。
ただ、その刺激は極々弱い刺激じゃなきゃいけない、というのが違うとこ。

忘れるために刺激が必要ってのは不思議な話。
積極的に忘れることがあるってことだもん。

ある神経で伝達が増すとその周囲では伝達が減る、という報告があります。
これは周囲で伝達が下がった結果、伝達が増した部分をより強調するんじゃ?
と言われたりします。
また、覚えていると心身に不調を来すような情報を思い出さないようにするために、
積極的に忘れるんだって聞いたこともあります。
わかんないことが多くてまだはっきりしないみたい。

いずれにしても「忘れる」ことを欠点と一言で片付けてはいけないのかも。
人間の機能にはどれも何かしら意味があるのかもしれません。

わかんないけどww


日記 | | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。